1208
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
人物

エリザベス女王葬儀で突然のイギリスご訪問。雅子さまの緊張をほぐした「ホテルで愛子さまとオンライン通話」

SNSでの感想
皇居・御所で愛子さまに見送られ、英国へ出発する天皇陛下と雅子さま
目次
  • 空港では天皇陛下をサポートされるような余裕も
  • 久しぶりとなる国体へのご出席にも意欲を

空港では天皇陛下をサポートされるような余裕も

 9月20日夜、英国・エリザべス女王の国葬への参列を終えて帰国された天皇皇后両陛下。皇后雅子さまの表情は、出発前の緊張していたご様子とは変わり、笑顔が垣間見られるものだった。

 陛下が即位して初の外国訪問。英国へは2020年5月に、両陛下が即位後、初めて訪問する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大で延期となっていた。雅子さまにとっては、2015年のトンガ王国を訪問されて以来、約7年ぶりの外国訪問となった。

「英国のエリザベス女王の国葬(9月19日)に両陛下で参列できたことは、雅子さまにとって大きな自信につながったのではないでしょうか。空港施設では少しお疲れのご様子の陛下を補佐なさるような、余裕のあるしぐさまで感じられました」(宮内記者)

帰国後、羽田空港で関係者の出迎えを受ける雅子さま

 実際には、療養中の雅子さまにとって、突然の英国行きは努力を要するものだったといわれる。

  17日、羽田空港から政府専用機で15時間のフライトを経て、ロンドン郊外のスタンステッド空港に到着。両陛下は国葬を鑑みて機内で黒のスーツに着替え、黒のマスク姿でタラップを降りてこられた。

 翌日、チャールズ国王主催のレセプションには、陛下おひとりでご出席。チャールズ新国王に直接、上皇上皇后陛下のお気持ちも合わせた弔意を伝えられたという。

 次にエリザベス女王の棺が置かれたウェストミンスターホールを弔問して、お別れの挨拶をなさった。陛下は、オックスフォード大に留学なさっていた皇太子時代に、エリザベス女王から迎えられた数々の優しさを思い出されたのだろうか。

1998年5月、上皇陛下と美智子さまが英国を訪問。エリザベス女王との親交を深めた
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 5
うるうる 3
ほっこり 14
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 3
感想をおしえてフム!
にこり 5
うるうる 3
ほっこり 14
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 3