1006
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
社会

天皇陛下62歳のお誕生日会見。陛下を一番悩ませた「質問」と「回答」

SNSでの感想
団欒に愛子さまが加わると笑いが絶えないそう(宮内庁提供)
目次
  • 上皇上皇后両陛下から受け継がれた沖縄への思い
  • 陛下を一番悩ませた「質問」と「回答」
  • 両陛下にとって大切な愛子さまの存在

 2月23日、天皇陛下は62歳の誕生日をお迎えになった。

 事前に皇居・宮殿『石橋の間』で開かれた記者会見に臨まれた陛下は、日本画家の前田青邨が描いた『石橋』を背景に終始穏やかなご表情だった。

 会見の冒頭ではこの1年を振り返り、新型コロナで亡くなった人々やその遺族などに哀悼の意を示されて、医療関係者らをねぎらった。

「誰もがお互いを思いやりながら、痛みを分かち合い、支え合う努力を続けることにより、この厳しい現状を忍耐強く乗り越えていくことができる」とも述べられた。

 続いて、名誉総裁を務められた東京2020オリンピック・パラリンピックでは、多くの関係者の尽力に敬意を表されて、

「国境を越えた選手同士の交流が各所で見られたことにも感慨を覚えました」と、ご自身が子どもの頃にご覧になった札幌冬季オリンピックの思い出を交えて語られた。

 陛下のご関心が高いといわれてきた気候変動問題の改善やトルコの震災ついても述べられ、今年、発生から間もなく11年目を迎える東日本大震災については、

「雅子(皇后陛下)と共に、引き続き被災地に心を寄せていくつもりです」と道半ばの復興のなか、近年は精神的サポートが必要な人たちがむしろ増えているということも話した。

 今後の公務においては、オンライン活用を続けていかれるという。一方、コロナ禍で人との関係がじかに会うなど難しい状況のなかであっても、

「皆がお互いのつながりを大切にしながら、心に希望の火を絶やさずに灯(とも)し続け、更には、国や地域の境界を越えて人々や社会がつながり、お互いを認め合い、支え合える年になってほしいと願っています」と希望をされた。

皇后雅子さまと共に被災地へ思いも語られた(宮内庁提供)
読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 4
ほっこり 9
びっくり! 1
なるほど! 1
きゅん! 3
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 4
ほっこり 9
びっくり! 1
なるほど! 1
きゅん! 3