0526
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
社会

【愛子さま成年会見秘話】ゆるフワヘアと艶メイクにあった雅子さまのアドバイスと何度起こされても朝まで眠ってしまった理由とは?

SNSでの感想
初めての会見は、終始和やかな雰囲気。用意していたペーパーを見ることなく、受け答えをなさった。予行練習を入念になさったという(2022年3月17日 写真/宮内庁提供)
目次
  • 会見中、隣の部屋には雅子さまの姿も

 春の暖かい日となった3月17日午後、天皇家の長女、愛子内親王殿下は、成年にあたっての記者会見に臨まれた。

 愛子さまは若草色のワンピースに同色のショート丈ジャケット姿。ピンクパールのネックレスにおそろいのイヤリングをつけて、髪は後ろで一つに結っていた。実はこのゆるふわヘアは、母親の雅子皇后のアドバイスがあったといわれた。

「会見の前よりもサイドをほんの少し緩くなさって、若々しさを出されたそうです。化粧の艶感もメイクさんと相談して今風な艶感を出された。内親王殿下の会見は、成年皇族になられた時とご婚約の2回しかないということなので、皇后さまも気を配られたのではないでしょうか」(愛子さまのご学友の母)

 愛子さまは会見の冒頭で、前日16日の深夜に最大震度6強を観測したという東北地方の地震に触れて、

「亡くなられた方がいらっしゃるとうかがいまして、心が痛んでおります。ご遺族の皆さまと被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます」と述べられた。

 会見は約30分。事前に知らされている質問について、順番にお答えになった。テーブルの上に用意された紙には目を落とすことなく、言葉のひとつひとつを丁寧に話すご様子からは、貫禄さえ感じられた。

愛子さま 初の単独記者会見2022年(2022年3月17日 写真/宮内庁提供)

 これまでの20年間を振り返られて、支えてくれた人々に謝意を示された。成年皇族となった心境については、改めて「身の引き締まる思い」とご発言。

 緊迫が続くウクライナ情勢についての質問には、

「多くの尊い命が失われていることに、非常に心を痛めております」と語った。

 ウクライナのゼレンスキー大統領とオレナ夫人は、陛下の『即位の礼』の晩餐会に出席のため来日、両陛下とお会いしている。

 愛子さまは、国内外の関心ごととして、深刻化する自然災害への懸念も示された。言葉の重みから日常生活の中で両陛下と災害についての会話をなさっていることがうかがえた。

 東日本大震災の復興支援に携わる友人を通じて「災害ボランティアなどのボランティアにも関心を持っております」と語り、盲導犬や聴導犬など働く動物たちにも「動物好きの私といたしましては、心惹(ひ)かれるものがございます」ともお話しになった。

 愛子さまがご誕生された時から、ご自宅では捨てられていた犬を飼われていた。今でもご一家は犬や猫をはじめとした生き物を家族のように大切になさっている。さらに母親の雅子さまとセラピー犬の動物介在療法を見学なさったり、学習院女子中・高等科時代の文化祭では、盲導犬のイベントにもご参加なさってこられたりした。

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 6
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 2
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 6
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 2