1206
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
ドラマ・映画・舞台

錦織一清と植草克秀『ふたりのSHOW&TIME』密着ルポ【#2】確かに感じられたふたり、そして“3人”のつながり

SNSでの感想
ショーの終盤、満面の笑みで寄り添い、観客に感謝を伝える錦織一清(写真左)と植草克秀(同右) 撮影/佐藤靖彦
目次
  • 熱いデュエットから「君だけに」や「仮面舞踏会」までノンストップ!
  • 鳴りやまぬ拍手、ラストの曲「君にこの歌を」が感じさせた“3人のつながり”
  • 植草にインタビュー!「いつまでもジャニーさんが認めてくれるようなショーを」

 2022年10月1日および2日、東京ドームホテル『天空の間』にて、錦織一清と植草克秀によるランチ&ディナーショー「ふたりのSHOW&TIME『SONG for YOU』」が開かれ、全3回にわたる公演のうち最終回(10/2夜)に参戦! 

 レポート第1弾では、一気に盛り上がった序盤5曲に始まり、MCで見せた、信頼関係があるふたりならではの掛け合いの様子、そして、ふたりのソロコーナーを通して伝わってきた“前に進み始めた彼ら”について語った(記事→錦織一清と植草克秀『ふたりのSHOW&TIME』密着ルポ【#1】実力・個性・絆が発揮されまくるステージは圧巻!)。第2弾ではショーのクライマックス、さらに、終演直後に実施した植草克秀へのミニ・インタビューをお送りしたい。

◇   ◇   ◇

熱いデュエットから「君だけに」や「仮面舞踏会」までノンストップ!

 ショーの後半は、錦織から植草へ「実家から会場までのJR総武線の駅名が言えるかどうか」という無茶振りもありつつ、なんと、ふたりによる昭和の名曲カバーからスタート。サビ前でふたりが演奏を口でなぞるほどノリノリな様子。いかにもカラオケBOXではしゃいでいる中年サラリーマン風で楽しげだが、ストリングスによる悲しげな音色は本格的。打込みではなく生演奏というのも、本公演の人情深さを大いに引き出す要因であろう。

大ヒット曲のカバーに、会場のボルテージも急上昇! 撮影/佐藤靖彦
ハモりをきかせながら、しっとりとサビを歌い上げた 撮影/佐藤靖彦

 なお、歌唱前には、今回のショーの大阪公演が追加で決まったことも発表。ここでも錦織は、「大阪では、植草の水中バレエ団並みの泳ぎが見られるはず」と、またもや口から出まかせ状態(笑)のジョークを飛ばしつつ、「植草が(歌詞やダンスで)事故りそうになったときは、大目に見てください」「実は、僕のほうが甘えている」としっかりフォロー。昨今のSNSでは、言葉の一端だけをとらえては憤慨し、それまで仲よくしていたファン仲間との交流を一切遮断する、といった行動に走る人も散見される。しかし、長年の絆を育んだ間柄で交わされた言葉は、たとえ強めのギャグでも批判であっても、その真意は所詮、第三者にはわかりえない。だから、寛大な心で楽しむのがベストなのだ。彼らの関係性から、そんなことを大いに学ばされる。

 ここから、6曲を畳みかけるように歌っていく。

クライマックスに向け、再び熱唱スタート! 撮影/佐藤靖彦

 まず「ダンス ダンス ダンス」(アルバム『PLAYZONE'90 MASK』収録)では、ふたりが左右に分かれてステージから降りていき、途中に設置されたお立ち台に上ったり、客席を練り歩いたりしながら、後方のステージへと移動。この手法自体は、'21年末に行われた植草ソロのショーで取り入れて大好評だったのだが、この日も、歓喜するファンが多数見られた。それにしても、実際に近くで見ると、ふたりともテレビなどで見る以上にカラダの線が細い。これもスターゆえの、生まれ持ったギフトなのだろうか。

ひとりひとりに笑顔を向けながら、後方へと移動する植草 撮影/佐藤靖彦
お立ち台に現れた錦織。立ち姿もやっぱりサマになる! 撮影/佐藤靖彦

 続く「ミッドナイト・ロンリー・ビーチサイド・バンド」は、少年隊のアルバム『35th Anniversary BEST』でも新たに歌った明るいミディアム・ポップス。ただし、ここでは錦織のハモリがシャウトに近いほど強烈に響き、少年隊のニュー・バージョンというよりも、錦織と植草によるカバー曲として独立して楽しめる感じに聞こえる。今回、少年隊のオリジナルよりキーを下げたものが多い。それは当時の高音よりも中音域がよく響くようになったという声質の変化もあるだろうが、こうして上にハモったときに大人の色気が感じられるし、また、天に向かって叫ぶような演出効果のようにも見てとれた。

 そして、さらに連続する「パーティーが終わっても」(アルバム『PLAYZONE'88 カプリッチョ -天使と悪魔の狂想曲-』収録)も同様、錦織のハモリ効果により、植草の若々しい高音がよく映える。ここでも演出家としての技量を発揮しつつ、観客にはスター性を振りまくという錦織の唯一無二の存在感に驚かされる。

ハーモニーを奏でながら、たまらない表情をたくさん見せてくれたふたり 撮影/佐藤靖彦

 こうしてクライマックスに向かう絶妙なタイミングで披露されたのが、不朽の名曲「君だけに」「仮面舞踏会」

 それまでは、前述のように“ふたりによる新たなカバー曲”という風に聞こえたのが、とりわけ「君だけに」は、なぜか確かに3人で歌っているように感じられた。ふたりの立ち位置が東山を意識していたように見えたからだろうか、東山が歌うパートは、あまりにも東山の歌声で刷り込まれているからだろうか、理由は判然としないが、筆者には、この歌はソロでも、ふたりでも、どんな形で歌われようとも、少年隊3人で歌うものが完成形として今後も語り継がれるように感じられた。

「君だけに」は涙を流して聴き入るファンも 撮影/佐藤靖彦
全身全霊のステージに、胸が熱くなった 撮影/佐藤靖彦

 そういえば、この公演の正式タイトル『ふたりのSHOW&TIME SONG for YOU』を発表する際、植草は「SONG(赤色)」と「YOU(黄色)」の間にある「for(黒色)」を指さして「(東山のことは)ちゃんと考えている」とファンに話していたことを思い出した。「仮面舞踏会」で魅せた、今の錦織ならではの男気あふれるシャウトも、この歌のとろけるような甘い魅力を醸(かも)し続ける植草の歌声もいいが、東山が歌うことでパズルのピースがはまり、ひとつの絵が完成するように思えてならなかった。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 56
うるうる 182
ほっこり 10
びっくり! 0
なるほど! 3
きゅん! 24
感想をおしえてフム!
にこり 56
うるうる 182
ほっこり 10
びっくり! 0
なるほど! 3
きゅん! 24