1206
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

【学歴の暴力#5】名大卒・あずきあず、メンバーにも初めて明かす「“京大生アイドル”になりたくて失敗した話」

SNSでの感想
「学歴の暴力」集合!(写真左から)えもりえも、今回の執筆者・あずきあず、なつぴなつ
目次
  • アイドルになるのが怖くて、京大の肩書きが欲しかった
  • 入学時の自分は「空っぽ」、ここでも夢から逃げていた
  • 就職と「学歴の暴力」との出会い「ここにかけるしかない」
  • 「学歴の暴力」で活動する今、思い描く“これから”

 東大工学部卒・なつぴなつさん&京大農学部卒・えもりえもさん&名大情報文化学部卒・あずきあずさんによる、超高学歴アイドルグループ「学歴の暴力」(愛称:がくぼ)。平日は3人とも別の仕事をしながら、お休みの日は東海地方を中心にライブやイベントを開催するなど、「学歴の暴力」としての活動にささげています。

『fumufumu news』は'22年2月のインタビュー(記事:「勉強以外、なんの取り柄もない」東大卒&京大卒のアイドル『学歴の暴力』が歌う高学歴の苦悩)で、学歴を全面に押し出したアイドル活動を始めたわけや、高学歴ならではの痛みを伺い、「彼女たちの胸の内をもっとのぞいてみたい」という思いで連載コラムの執筆を依頼。メンバーそれぞれの“自分らしさ”を生かし、感じたことを文章にしてもらいます。

 これまで毎回、リレー形式で原稿を執筆してもらってきました。

◎第1回:超高学歴アイドルユニット「学歴の暴力」、東大卒と京大卒“はじめての2人旅”がもたらしたもの (文/なつぴなつ&えもりえも)
◎第2回:【学歴の暴力#2】東大卒&京大卒アイドルユニットにジョインした名大卒女子が見た、メンバーの恐るべき“能力” (文/あずきあず)
◎第3回:【学歴の暴力#3】あなたも“がくぼ沼”へ! 京大卒・えもりえもが語る、高学歴アイドル「5つの楽しみ方」 (文/えもりえも)
◎第4回:【学歴の暴力#4】東大卒アイドルなつぴなつ、「AKB48に入りたい」ともがき続けて味わった深い“絶望”の果てに(文/なつぴなつ)

 第5回の担当は、名大卒のあずきあずさん。実は長年、「京大生アイドルになる」という夢を持ち、努力し続けてきたといいます。その夢が叶(かな)わなかったときの心境は? そして、さまざまな葛藤の末、彼女が「学歴の暴力」の一員として活動を始めるに至ったワケは……? 読んでいて、胸にこみ上げてくるものがありました。

◇    ◇    ◇

 なつぴちゃんが“高学歴アイドル”の「成功例」だとしたら、私はたぶん「失敗の部類」に入ると思う。

 アイドルユニット「学歴の暴力」で一緒に活動するなつぴなつちゃんは、AKB48に憧れてアイドルオーディションに挑戦する中で、ほかの候補者との差別化のために「東大」を受験することを決め、本当に達成してしまった人物だ(かなりさらっと書いているが、もっと紆余曲折や、つらいこと、悲しいこともあった。詳細は前回のなつぴちゃんによるコラムにつづられている→【学歴の暴力#4】東大卒アイドルなつぴなつ、「AKB48に入りたい」ともがき続けて味わった深い“絶望”の果てに)。

 彼女の「アイドル」への執念・憧れはすさまじく、自己否定をしつつも、常に前に向かって進んでいく姿が本当にかっこいい。さながら茨(いばら)の道を、トゲが刺さっても血を流しながら進み続けているようだ。

 私はというと、「アイドル」になりたかったが、「NO」をもらうのが怖くて、ずっと「自己否定」と「逃げ」を繰り返して生きてきた人間だ。

アイドルになるのが怖くて、京大の肩書きが欲しかった

 幼稚園のころから、テレビに映って可愛い衣装を着る「アイドル」に憧れを持っていた。でも近くに住んでいた、とびっきり可愛くて顔も小さいお姉さんが何度も芸能オーディションに落ちる姿を見て、自分には到底、無理だと思った。そして何より、周りの大人がかもし出す「諦めたほうが幸せ」「夢をチラつかせてお金を搾り取ってやる」といった不穏な空気が、“アイドルの世界に踏み入れるには相当な覚悟が必要”というトラウマを私に与えた。

 それでもやっぱりアイドルになりたかった私は、小学生になってからも、「どうしてアイドルをやりたいのか」大人が納得するような理由を考え続けた。

 でも、「みんなを笑顔にしたい」「可愛い服を着てダンスを踊りたい」、そんなありきたりな理由しか思いつかなかった。これではきっと納得はしてもらえないと思った。だから、ほかのアイドルが持っていない武器を持とうと考えた。

 そのころ得意なことは勉強しかなく、クイズ番組に出ている高学歴の芸能人を見て、「これだ」と思った。一流の大学を出れば、私でもアイドルになれるかもしれないと考えたのだ。そのころ、ちょうど人気絶頂期だったお笑いコンビ『ロザン』の宇治原史規さんをお手本にしようと思った。ただ、宇治原さんを東大卒だと勘違いしていた私は、「東大だと宇治原さんと被るから」という不思議な理由で京大を目指すようになった。

 そして、小・中・高と過ごすあいだ、「アイドルオーディションの募集を見ても、京大に受かるまで自分は受けられない、受からない」と逃げの姿勢をとるようにもなった。

 高校生になってからは、大学受験を本気で意識するようになった。幸いなことに、模試などで京大は合格圏内であった。「このままいけば、ずっと思い描いていた京大生アイドルになれる」といううれしい気持ち半分、「失敗したら終わる」という恐怖心も半分で、取り憑(つ)かれたように勉強していた。

高校時代、京大を見に行ったときの写真。自撮りするという概念がなかったため、記念に建物だけ撮影した 写真/本人提供(以下同)

 いざ迎えたセンター試験2日目。理科の点数があまりよろしくないという事態が発生する。ずっと得意教科だった地学で大きなミスをしてしまった。理科の配分が高い学部だったため、浪人するか、志望校を変えるかということになった。

 確かに、京大で学べることに興味はある。でも、アイドルになる夢のほうが大事で、浪人したら、またひとつ歳をとってしまう。すでに高校生の時点でアイドルを目指すには歳をとっていると思っていた私は、悩んだ末に京大に行くことをやめた。結果、2次試験から志望校を変え、名古屋大学情報文化学部に入学した。

 ただ、必死に努力し目指し続けた私の“京大アイドルプラン”はここで潰(つい)えた。

読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 6
ほっこり 6
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 4
感想をおしえてフム!
にこり 3
うるうる 6
ほっこり 6
びっくり! 0
なるほど! 1
きゅん! 4