0603
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
バラエティ

ぼる塾・田辺智加が語る推し活の流儀【後編】アニメの聖地巡礼が“芸能界”への入り口だった

SNSでの感想
今回推し活についてお話を伺った『ぼる塾』田辺智加さん 撮影/矢島泰輔
目次
  • 推し活の苦しさを救ってくれたキティさん
  • 推し活をしていたら動き出した人生
  • 推しに理想を詰め込みすぎない、推し活の流儀
  • 推し活は続くよどこまでも! 推しに対する心境の変化

 アイドル、マンガ、アニメ、スイーツ……さまざまな分野で“推し”を持っていることで知られる、お笑い芸人カルテット『ぼる塾』の田辺智加さん。いまや推し活の達人の代表格として注目を集めています。

 後編では、“好き”という気持ちに忠実で、愛情を持って推す田辺さんに、大好きな推しをはじめ、芸人を目指すきっかけとなった出来事、推しと同じ業界で活躍している田辺さんだからこその、推し活スタイルについてお聞きしました。

(推しの見つけ方、充実した推し活を続けるコツについては、前編で詳しく伺っています→記事:ぼる塾・田辺智加が語る推し活の流儀【前編】好きの共通項で広がるオタクの優しい世界

強火で推し続けているKAT-TUN・亀梨和也さんのアクスタを手に持ち照れる田辺さん 撮影/矢島泰輔
◇   ◇   ◇

推し活の苦しさを救ってくれたキティさん

「私はこれが好き!」と発信する田辺さん。その一方で誤解を招いたり、情報が間違って流れてしまったり、ときに怖さを感じることもあるのだとか。

たまに私の声(の影響力)が大きくなりすぎちゃうことがあって、“そういう意味で言ったんじゃないのに”と誤解されたり、質問に答えたら、意図しない形で切り取られて、あたかも私が発信したことかのように流れてしまったり……。

 好きなものを発信する怖さも、ちょっとだけ感じています。何事もバランスが大事だと思っています」

 活動歴が長いアイドルの場合、ファンと推しは一緒に年齢を重ねていくもの。だから自分の人生=推しと過ごした時間であり、自分を語るうえで欠かせないと田辺さん。なかには「公私混同だ」と指摘する声が寄せられることも。

「“公私混同してる”と言われることもあるんですけど、私はやましい気持ちは本当になくて。ただ自分を語るうえで、特に亀梨さんに関してはもう22~23年ぐらい好きだから、もはや人生じゃないですか。

 だから私について話すとなるとどうしても亀梨さんの話は外せない。亀梨さんが生きてくれているから、KAT-TUNが存在してくれるから私がいる”みたいな感じがあるんです。

 前に、酒寄(希望)さんから、“もし田辺さんが亀梨さんを好きじゃない世界線だったら、また人が変わっていただろうね”って言われて、私が亀梨さんのことを好きじゃなかったら……って考えると、めっちゃ怖くなって、自分はどうなってたんだろうと思います。やっぱり亀梨さんが私の人生の支えです

 KAT-TUNの亀梨和也さんの熱狂的なファンとして知られる田辺さん。きっかけは千葉・幕張で行われた『J2000』(※1)のステージでした。今井翼さん、二宮和也さん、相葉雅紀さんら人気アイドルを見つつ、当時まだジャニーズJr.だった亀梨さんに惹(ひ)かれます。

「『J2000』には、友達とちょっとした軽い気持ちで行ったんです。そのときに、当時ジャニーズJr.だった亀梨さんを見つけて、私はJr.に詳しくなかったから、周りの人に“すみません、あの人誰ですか?”って聞いて、そこからです。

 当時、亀梨さんは14~15歳くらい。そこから追うようになって『ポップジャム』(NHK)で堂本光一さんのバックにKAT-TUNがついていたタイミングで番組収録が当たって見に行きました」

※1:ジャニーズ事務所の創業者である、ジャニー喜多川氏が設立した、ジャニーズ内の野球チーム。グループの垣根を越えて、野球経験者を中心に招集された。

 ジャニーズJr.時代から爆発的な人気を博していたKAT-TUN。その魅力が世間に広まっていく喜びがある一方で、ユニット結成前から応援していた田辺さんの心境に変化が生じます。

「『ごくせん2』(日本テレビ系)に出て亀梨さんの認知度が世間に広まったあたりから、今度は私が苦しくなっちゃって。別に私のものじゃないとはわかっていますが、周りも私が亀梨くん好きだっていうのは知ってて、高校生のときから亀梨さんの話ばっかりしてたから、みんなが私のことを“亀梨”って呼ぶぐらい本当に好きで。

 それがどんどん周囲がハマり出して“見たよ”とか報告してくれて。みんなに伝わったのがすごく嬉しいんですよ。でもファンは私だけじゃないし、もちろんみんなの亀梨さんなんですけど、あまりにも人気がすごすぎて、ちょっと苦しくなっちゃって。いったん見るけどいったん見ないみたいな……」

 人気の高まりを喜んだり誇らしく思ったりする半面、ファンが増えて推しが遠くへ行ってしまうような感覚、嫉妬に似た感情で苦しさを味わうのもファン心理。自担を応援する気持ちに変わりはないものの、複雑な心境になってしまうのは“あるある”かも。そんなとき田辺さんは「他にも好きなものをいっぱい作ることで解消した」と話します。

「以前は、私の中で“一途じゃないとダメ”と思っていましたけど、いまはこっそり他に好きなものを作って、いったん気持ちを落ち着けます。結局は本当の推しに戻りますし、なんだかんだ言ってずっと好き。

 たまたまハローキティのYouTubeを見たときに、キティちゃんが“推しはいくらいてもいい”というニュアンスのこと言っていて、(さすが)キティさん!!と思いました(笑)

──さすがキティちゃん! 思わぬところで気持ちが救われたんですね。

「そこから、推しが増えてもいいんだと思って。ちゃんと敬意を持って好きっていう、それさえ忘れなければ、他に好きな人がいてもいいんだろうなと思いました。“あの人も好き、この人も好き、キャー!”って声を大にして言うと、ちょっと敬意がなさすぎますけど、本当に亀梨くんが好きっていう1本がありつつ、心の安定のために推しを作っています」 

推しに対する敬意が大事と話す 撮影/矢島泰輔
アクスタ大戦争の戦利品、亀梨さんのアクスタ 撮影/矢島泰輔
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 24
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 2
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 24
うるうる 0
ほっこり 1
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 2