0613
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ

若い世代や海外からも注目されている昭和ポップス。本連載では、'80年代をメインに活動したアイドルの『Spotify』における再生回数と当時のCD売り上げをランキング化! データから過去・現在のヒット曲を見つめ、さらに、今後伸びそうな“未来のヒット曲”へとつながるような考察を、歌い手本人や関係者への取材を交えながら展開します♪

音楽

岩崎良美、自身の“推し曲”トークで楽曲愛が炸裂! 新アルバム収録の『ぞうさん』をフランス語に訳してみたら──

SNSでの感想
岩崎良美さん。どことなく憂いを帯びた表情も美しい 撮影/北村史成
目次
  • 『恋・あなただけに』『雨の日曜日』などもっと聴いてほしいB面曲がたくさん!
  • 『恋ほど素敵なショーはない』は本人も太鼓判! 上位でないオススメ曲は?
  • 新アルバムで「音楽はもっと音を楽しむべき」と学んだ。生の音楽も聴きにきて!
What's「未来へつなぐ昭和ポップス」?

 今、若い世代からも、また海外からも熱い注目を浴びている昭和ポップス。昨今では、音楽を聴く手段としてサブスクリプションサービス(以下「サブスク」)がメインで使われているが、必ずしも当時ヒットした楽曲だけが大量に再生されているわけではなく、配信を通して新たなヒットが生まれていることも少なくない。

 そこで、本企画では1980年代をメインに活動した歌手・アイドルの『Spotify』(2022年7月時点で4億3300人超の月間アクティブユーザーを抱える、世界最大手の音楽ストリーミングサービス)における楽曲ごとの再生回数をランキング化。当時のCD売り上げランキングと比べながら過去・現在のヒット曲を見つめ、さらに、今後伸びそうな“未来のヒット曲”へとつながるような考察を、本人または昭和ポップス関係者への取材を交えながら進めていく。

 今回も、岩崎良美のSpotifyでの人気曲を本人とともに振り返っていく。第1回はアニメ『タッチ』シリーズやデビュー曲「赤と黒」などの上位曲について、第2弾は海外でも大人気のアルバム収録曲について語ってもらった。

(インタビュー第1弾→岩崎良美『タッチ』タイアップ6曲が令和のサブスクでも大人気!『おさるのジョージ』がつないだ細田守監督との“ご縁”も語る / 第2弾→岩崎良美、愛あふれる尾崎亜美との制作秘話にほっこり! 水泳大会や水着での撮影は「完全にお断りしていました」

 最終回となる第3弾では、まだまだ出ていない名曲や近年の活動についても教えてもらった。特に、岩崎本人はシングルB面曲が気になるようで……。

『恋・あなただけに』『雨の日曜日』などもっと聴いてほしいB面曲がたくさん!

このランキング、アルバム曲がたくさん入っているのはうれしいのですが、『恋・あなただけに』(シングル『化粧なんて似合わない』のB面)が入っていないのが気になります!! この曲は大貫妙子さんに作っていただいたんですが、本当にいい曲なんですよ~~~!! このシングルはB面も、尾崎亜美さんに作ってもらったA面も両方好き。ほかに『ふれて風のように』(シングル『ごめんねDarling』のB面)も尾崎亜美さんの提供曲で、ファンの方は大好きでいてくれているはずなのに、ランクインしていないなんて……」

 これらのSpotifyでの再生回数を調べてみると、岩崎良美の中でも100位を下回るほどで、現在のところ、あまり聴かれていない。これは決して作品力が弱いからではなく、挙げられた曲がアルバムではなく、シングルのカップリングへの収録のみにとどまっているため、サブスクのプレイリストでは選ばれにくいといった事情がある。また、「ふれて風のように」はアルバム『心のアトリエ』や'12年の再録音版『ふれて風のように 2012』に再生回数が分かれてしまったことも、上位ではない要因だ。例えば今後、“B面コレクション”、あるいは、“シングルA/B面コンプリート”といった企画盤が配信リリースされれば、こういった楽曲にも光が当たることになるだろう。

「再生回数が伸びにくいのは、アルバムに入っていないことが原因なんですね……。あと、『雨の日曜日』(シングル『愛してモナムール』B面)というのも名曲なんですよ。こんなにいい曲ばかりなのに、もったいない(笑)! “雨ソング”と言えば、アルバム『Cecile』に収録の『雨の停車場』(Spotify 49位)もすてきな曲です! 大好きなので、ある時期ずっとコンサートで歌っていました。ほかに、26位の『優しい関係』が入っているアルバム『唇に夢の跡』も、当時すっごく気に入っていましたね

 岩崎が興奮ぎみに次から次へとシングルB面やアルバムのみの収録曲を語る様子から、彼女がシングルA面を中心としたアイドル的な活動よりも、いかに良質な音楽全体を伝えようとしていたかがよくわかる。ちなみに、本連載の担当記者(平成生まれ)は、「どきどき旅行」(Spotify24位)と「プリテンダー」(同37位)といった、ちょっとマニアックだがコケティッシュな曲が好きだと伝えたところ、

「この2曲は、先日行ったライブではメドレーに入れて歌いましたよ。特に、関西のファンの方は『どきどき旅行』がお好きなんですよ。曲調も歌詞も面白い曲だからですかね? あと、『プリテンダー』は、(急に高音になる部分が多く)音が飛んでいて、歌うのが難しかったです」

「意外な曲を挙げてくれましたね! 『プリテンダー』のサビは本当に難しいのよ〜“テ”から“ン”に一気に上がるところとか……」と、笑顔で振り返ってくれた 撮影/北村史成
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy