0423
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
fumufumu news サイト休止のお知らせ

芸人の生き様は多種多様。お笑い劇場に通ってナマの漫才やコントを見ることが大好きなフリーライター・若林理央が、今後に期待の高まる若手芸人にインタビューをする連載です。生い立ちや知られざる裏話、お笑いに対する思いをたくさん語っていただきます。
読めば必ず気になる芸人ができるはず。ときに熱く、ときに笑いにあふれたエピソードが満載です!

バラエティ

M-1決勝進出のキュウ、漫画家と俳優を諦めお笑いの道へ進んだコンビが考える「勝利の秘訣」

SNSでの感想
キュウのふたり(写真左:ぴろさん、同右:清水さん)。お互いにとって、自分の才能を誰よりも理解しているのは相方だった 撮影/伊藤和幸
目次
  • 青春時代の“挫折”を経てお笑いの道へ
  • 出会ってすぐ仲よくなり、数年後にコンビ結成
  • 「自分にない笑いの要素が相方にはある」
  • 目指すはM-1優勝! “キュウの勝利の秘訣”とは

 2022年、全国的なお笑い賞レース「M-1グランプリ」で決勝に進出したお笑いコンビ・キュウの清水誠さん(39)と、ぴろさん(36)。漫才師として有名になるまでには、たくさんの紆余曲折がありました。おふたりの人生を深掘りしつつ、出会った当時の思い出や相方の魅力、ネタ作りのときのコミュニケーションの内容などを詳しくインタビューしました。

青春時代の“挫折”を経てお笑いの道へ

──おふたりが漫才師になるまでの人生を教えてください。

清水さん(以下、清水):おれは3人きょうだいの末っ子で、姉は10こ上、兄は8こ上と歳が離れています。まじめな家庭で、親は優しく、兄は厳しく育ててくれました。テレビっ子だったので「志村けんさんやビートたけしさんになりたい」って、よく言っていたみたいです。成長してダウンタウンさんやナインティナインさんを見るようになって、関西出身の芸人さんにも憧れるようになりました。

 親に「芸人になりたい」と伝えると反対はされなかったのですが、「大学は行きなさい」と言われました。卒業と同時にデビューしたくて関西の大学を選び、4回生のときは大学と吉本興業の芸人養成学校「NSC大阪」、両方に通いました。すゑひろがりずやアインシュタインの稲田くんが同期です。

ぴろさん(以下、ぴろ):おれは清水さんと同い年の姉がいて。

清水:おれと同い年だったの?

ぴろ:うん、3つ年上だから。おれは人を笑わせるのが好きな陽気な子どもで、当時も今も笑い飯さんが好きでネタを書いたりもしていました。クリエイティブな仕事に就きたくて、学生時代から漫画家になるために出版社に持ち込みもしていたんですけど、うまくいかなかったですね。

清水おれもNSCを出たら芸人デビューできると思っていたら、若手劇場のオーディションに何度も落ちて「そんな甘い世界じゃない」と気づきました。切り替えて役者になろうと思い、上京して俳優事務所で演劇をするようになりました。

挫折、失敗、人生の寄り道……すべてを経験してこそ今のキュウがある 撮影/伊藤和幸
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 21
うるうる 2
ほっこり 4
びっくり! 0
なるほど! 4
きゅん! 4
この記事の感想をおしえてフム!
にこり 21
うるうる 2
ほっこり 4
びっくり! 0
なるほど! 4
きゅん! 4