0929
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
漫画・アニメ

「読んだ人が幸せになれる漫画を作りたい」緑内障“末期”の小田桐圭介さん。作品完結のため、それでも筆を執る

SNSでの感想
小田桐圭介作『香夜たちの話』の 主人公・秋月香夜
目次
  • 緑内障で視力の半分以上を失うことに
  • 最新作『香夜たちの話』を完結させたい

『さくらちゃんがくれた箱』『あたし、時計』など、定期的にTwitterで話題になり、多くの人に知られる漫画をいくつも作成してきた漫画家・小田桐圭介さん。会社員として働くかたわら、SNSや同人誌即売会を中心に作品を発表されています。

 現在も新作『香夜たちの話』を連載している小田桐さんですが、実は緑内障を患っており、日に日に視野が狭まり、視力が落ちてきているそうです。漫画家の命とも言える視力を失いつつも、連載を続けることができるのはなぜか? 小田桐さんの漫画にかける思いを伺いました。

 (小田桐さんの創作における考え方については、インタビュー第2弾で語っていただいています→大手出版社からの長期連載オファーを断った漫画家・小田桐圭介さん、自身が大事にする「生活と創作のバランス」)

緑内障で視力の半分以上を失うことに

──小田桐さんは緑内障で視力を失いつつあるとお聞きしましたが、現在の状況はいかがでしょうか。

「以前よりもかなり進行していますね。今はアナログ時計の6時から9時のあいだくらいしか視野が残っていないので、立体視がすごく苦手です。緑内障の影響で目の視神経がやられてしまうと、矯正しても視力が出なくなってしまうらしく、メガネをかけても見えづらくなってきました。今はメガネ込みでも視力が0.3ほどしかありません」

小田桐さんは緑内障で、視力はほぼ残されていない ※写真はイメージです

──かなり進行しているんですね……。

「はい、なかなか大変です。緑内障は治る病気ではなくて、今できるのは進行を抑えることだけなのですが、有効な治療法は眼圧を下げるくらいしかないんですよね

 これまでに、毎日の目薬以外にも、眼圧を下げて視神経の圧迫を軽減する手術を2回受けましたが、“正常眼圧緑内障”といって、眼圧に問題がなくても病気が進行するケースもあるんです。私の緑内障はそれだったようで、とにかく眼圧を下げる点眼もしているんですが、それでも日に日に進行しています。年齢を考えると、この進行はかなり早いそうです

──それだと、もうほとんど文字が見えませんよね。

「そうですね。まず、視野が狭いせいで小説が読めなくなりました。漫画はギリギリ読めるって感じですかね。描くほうもアナログではもう無理で、タブレットで拡大しつつ、なんとか描いているという状況です。このまま進行すれば、そう遠くないうちに白杖(はくじょう)をつくことになるかもしれません

──緑内障はいつから始まったんですか?

「それが、気づいたときには水平より上の視野がなくなっていたんですよね。それまで、見づらいなんてまったく思っていなかったんですが、メガネを新調するときに眼圧が高いことがわかり、視野検査をしたら見えなくなっていたんです。緑内障の怖いところは、自分で気づけるレベルのときはもう末期で、視野をすでに大きく失っているところなんですよね

──では漫画も、あとどれくらい描けるかわからない……。

「そうですね。ただ、できる限り漫画は描き続けたいです

 緑内障が発覚したときはとてもショックで、“どうにか治療できないか”って、民間療法とかも調べていろいろとあがいたんですけど、だんだんと、“自分はそういう身体だったんだ”と受け入れられるようになってきました。今は精神的に落ち着いてはいますね

──つらい状況ですね......。

「でもまぁこんな状態なので、なおさら漫画一本で生計を立てていなくてよかったなって思います。あくまで結果論ですけれど」

読み込み中
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 13
ほっこり 0
びっくり! 3
なるほど! 0
きゅん! 0
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 2
うるうる 13
ほっこり 0
びっくり! 3
なるほど! 0
きゅん! 0