0128
「1日1フム」生活。- フムフムニュース -
芸能

結城アンナ「お互いに好きなことをやっている姿が好き」正反対な性格の夫・岩城滉一と認め合う日々

SNSでの感想
人生で初めてのイラスト展を開催した結城アンナさん 撮影/佐藤靖彦
目次
  • 私は、“今がいちばん楽しい!”と思って生きています
  • 絵を描いている時間は、自分の心のケアにもなっている
  • 自分ができる範囲内で、丁寧に暮らしていけばいいのかな

 年齢を重ねると、若いころにはなかった魅力がふんわり浮き上がってきます。現在67歳、雑誌のカバーモデルやイラストレーターとして活躍している結城アンナさん。インスタグラムでは、丁寧で心地よい日々の暮らしを発信してシニア世代を中心に絶大な人気を誇っています。

 12月2日から7日まで開催されているイラスト展の会場『ギャラリー・ラ・リューシュ』にお邪魔して、コロナ禍での生活の変化やライフワークといえるイラストについて語っていただきました。話をうかがってアンナさんがいくつになってもキラキラ輝いている秘密がわかったような気がします。笑顔のアンナさんからは楽しく生きるヒントがたくさん! 「ハッピーの源はすぐ目の前にある」ということに気づかされました。

私は、“今がいちばん楽しい!”と思って生きています

──アンナさんのような、丁寧な暮らしぶりに憧れている方がたくさんいらっしゃると思うのですが、withコロナでアンナさんの生活は変わりましたか?

「特に大きく変わってはいないですね。もともと家にいることが大好きなので、全然苦ではなかったんです。週1くらいスーパーに行けば大丈夫でしたし、今までが外出しすぎていたのかなと思いました。主人(岩城滉一)とオジー(保護犬のチワックス♂)と私の3人がいれば、それでいいじゃない? っていう気持ちでしたね(笑)」

──岩城さんが北海道に別宅を建設中ですが、アンナさんはどのように見ていらっしゃいますか?

私と主人は正反対の性格で、お互いが何をやっているかよくわからないんですけど(笑)、私は人生を楽しく生きている主人を見ているのが大好き。お互い好きなことをやって応援できる関係って、すごくいいなと思っています」

──いくつになっても夢を持ち続ける男性って素敵ですね。

「男性も女性もそうだけど、夢があるって健康の源だと思いますね。彼はとにかく動かないとダメな人なので、思い立ったらどんどん動いていっちゃうタイプ。その中で失敗があったり、いいことがあったり、一喜一憂していますがそれは彼の生き方なので私はそれでいいと思っています」

──お互いが尊重し合って楽しくやっていればいいよね、という関係ですね。

「そうね。だって人生って短いようで長いから……。幸せって他人にしてもらうんじゃなくて、自分で作り上げていくものじゃない? ブツブツ、ブツブツ文句ばっかり言っていてもどうにもならないですから(笑)」

──アンナさんにとっての今の楽しみは何ですか?

「家の中でできること(笑)。私は“今がいちばん楽しい!”と思って生きているんです。ときどきお仕事に出かけますが、あとは自分のケアをしたり、部屋の掃除をしたり、お庭の手入れをしたり、ごはんを作ったり、オジーとお散歩に行ったり、絵を描いたり……。つまらない女ですよ(笑)」

──アンナさんがつまらなかったら、私なんてもっとつまらない女です!

「でも私がやっていることって普通のことだから(笑)。みなさんを驚かせるようなことは何もしてないですしね。何気ない日々の生活を、自分自身が幸せって感じられるかどうかだと思うんです。私は今の生活が十分幸せですけど」

愛犬の存在は「ビッグLOVEです! 主人と取り合いっこしてます(笑)」 撮影/佐藤靖彦
読み込み中
LINE Twitter facebook hatena pocket copy
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 4
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 1
感想をおしえてフム!
にこり 1
うるうる 0
ほっこり 4
びっくり! 0
なるほど! 0
きゅん! 1